シースプライツジーンズのあれこれ

少し長文です。

最後までお付き合いいただけますと有難いです。

カテゴリージーンズ

今までシースプライツのジーンズのカラーやデザインなどは当ブログでも紹介してきました。

 

今回はそのシースプライツジーンズがどのようにして生まれ、作られているのかを記していきたいと思います。

 

パンツ3色

 

まずは生産国!

 

メイドインジャパン!

 

ジーンズといえば岡山はといきたかったのですが

 

偶然にも見つけたのが

 

秋田県の某社

 

後ほど書きますが秋田県という選択は本当に良かったです。

 

生産担当の方が本当に良くしてくれました。

 

かなり早い段階でサンプルが上がってきました。

 

その上がってきたサンプルを見たときに思いました。

 

「ここで作ってもらいたい・・・・」

 

なぜそう思ったかといいますと

ステッチ

ステッチがきれいなんです!

 

綺麗というのは色がというのではなくて

とにかく丁寧なんです!

 

実は私、某ジーンズブランドで12年ジーンズに携わり何千本とジーンズを見てきました。

ジーンズといってもインディゴだけではなくホワイトジーンズ、染めたジーンズ、多種にわたる生地の厚さ、デザイン、工場による縫製の違い・・・・etc

 

今までいろいろ見た中でもかなり、というか一番丁寧な仕上がりだなと感じました。

 

例えば写真のウエスト上部のステッチなのですが、ウエスト上部とステッチの間がかなり狭いにもかかわらず、一定の幅をキープしながら縫われています。

 

ほとんどの方がまったく気にしない部分なのですが、ここまで丁寧に作っていただくと販売している側としてはかなり安心です。

白2

通常ホワイトジーンズといえホワイトステッチなのでそこまでステッチが目立たないのですが当店のホワイトジーンズはブルーステッチ、グリーンステッチと

とにかくステッチが目立ちます。

 

いわば、ごまかしがきかないのです。

それでいて丁寧な作り・・・

 

早速生産に入りました。

 

使用されている生地は13オンス相当、

「オンス」とは生地の厚さを表す単位なのですが

 

どういった基準でこの厚さを選んだかと申しますと

 

①夏に履いても暑苦しくならない柔らかさ

②且つ、冬に履いても寒々しくない、しっかりとした生地感

③染め、加工を施した時にもへたれない生地

 

 

正直に申しますと①と②③は相反する要素です。

 

それぞれに特化したものを作るというのも一つなのですが、気に入ったものを履き続けていただきたいという思いから、①②③の要素をバランスよく考慮し、選んだ生地です。

 

 

③で記したように実は染めシリーズ4色もこのホワイトジーンズで染めて加工しております。

ピンク2

当初よりホワイトジーンズの展開だけではなく

染め+USED加工も考えていました。

 

ここでステッチの話に戻るのですが、写真を見て不思議なことにお気づきでしょうか?

このチェリーピンク染めもベースはホワイトジーンズです。

 

ブルーステッチのホワイトジーンズを染めているのです。

 

糸の色はどうでしょう?

 

染まってないです。

 

ご存知の方からすると当たり前のことなのですが、糸の素材によっては染まらない素材があります。

 

これを利用してステッチの色を際立たせ、独特な雰囲気に仕上げることができました!

 

 

 

ここまではよかったのですが、一つ問題が発生しました。

 

レザーパッチが思いのほか縮んだことです。

 

染めの工程は高温で染めます。

 

レザーパッチと染めると大変なことになりました。

 

ちなみにこんな感じで縮みます。

パッチ

なので、レザーパッチはいったん取り外し染めました。

※乾燥機での乾燥、高温でのお洗濯はお控えください。

 

 

余談なのですが、この染め職人さんに出会えたのもラッキーでした!

染めは児島、ジーンズの名産地です!

 

児島の染工場で初めてお会いした時にホワイトジーンズを見て頂き、秋田で作った旨を伝えると

 

「秋田は細かい仕事ができるところが多い」

とおっしゃっていました。

 

職人さんの中では「秋田県」というのは注目すべき地域ということを知り、さらに自分たちが作ったジーンズに自信が持てました。

 

この職人さんは注文を受けたものをただ作るだけではなく、ご自身でいろんな染めを日々研究され、いろんなサンプルを作っていました。

これからのシースプライツの商品に反映されるかもしれません!

IMG_1206

染めただけでもきれいなのですが、さらに加工いれると

オレンジ2

こんな感じでシースプライツの染め+USED加工が完成です。

 

この染め+USED加工も本当にオリジナリティあふれるジーンズです。

今までいろいろなジーンズを見てきて似たようなものはありましたが、ここまでこだわったものは今まで見たことがありません!

もちろん皮パッチも再取付です。

オレンジ1

秋田で作り、岡山児島で染め、同じく小島で加工を施し、レザーパッチは神戸で縫い付けて・・・

そんなわけでシースプライツジーンズは一手間も二手間、三手間も四手間も・・・とにかく手間がかかっております!

 

オレンジ染め掲載

シルエットも本当にきれいです。

 

太もも周りはすっきり、裾は緩やかなブーツカットになっております。

 

ただ、ブーツカットというカテゴリーに当てはまるかというとそこまで広がっていないです。

 

あえてカテゴリー化するなら

「シルエットのかっこよさを最大限ひきだすための裾の絶妙な広がり系ストレート!」

 

とカテゴリー化できなかったわけですが(笑)

 

夏場に素足でスニーカーみたいなコーディネートをするときにすこしろーるあっぷして履いたりすることがあるかもしれません。

裾が広すぎるとロールアップしたときにどことなく違和感ができます。

 

この裾の微妙な広がりのおかげでボリュームのある靴を履いた時にシルエットが崩れず、なおかつ広すぎないのでロールアップしたときにもバランスがとれる絶妙な仕上がりになっております。

とにかくきれいなシルエットです!

 

Tシャツなどのカジュアルアイテムはもちろん、シャツ、ジャケットなどの少しドレッシーなアイテムにもはまるシルエットではないかなと思っております。

 

 

というわけで

「シースプライツジーンズのあれこれ」

 

いつもより長文でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

シースプライツジーンズ

おすすめです!

 

※ご購入の際はサイズ表をご確認のうえお選びください。

※普段お選びのサイズのワンサイズ上をお勧めしております。

(32インチを普段履かれている方は34インチがおすすめです。)

 

ただいまシースプライツスペシャルキャンペーン開催中!